水産マンスリーレポート

2010年10月号 (3/3)

商品情報

鮭 鱒

チリトラウト

ドレス相場は前月比高値横ばいで推移しています。
引き続き品薄感は変わらず、当座は強含みで推移する見通しです。
フィーレ(TrimC)も前月比横ばいで推移。搬入増に加え、円高要因で若干弱含みの動きも見られています。

チリギン

相場は前月比横ばいで推移しています。
引き続き切身用原料として引き合いは強く、新物入荷の11月頃までは、相場強含みで推移する見通しです。

紅 鮭(アラスカ)

相場は前月比横ばいで推移しています。
アラスカ産の新物搬入が始まったものの、依然国内在庫が低水準にあり、相場は強含みで推移する模様。
今年は、ロシア産とカナダ産の搬入動向により相場への影響も注目されます。

ノルウェーアトランティックサーモン

国内相場(冷凍フィーレ)は、前月比横ばいの高止まりで推移しています。
現地相場は引き続き強含みで、搬入及び国内在庫も限定的となり、当座は無いもの高相場で推移する見通しです。
年内、新物搬入を見込むものの、相場は強含みの展開が予想されます。

数の子

カナダ・ブリストル・シトカ物は2009年度原料と2010年度原料の価格差が大きく、加工業者は対応に苦慮しています。
トップメーカーの井原水産は昨年の¥300/kg落ちで価格設定するも、市場の反応冷ややか。ロシアは比較的順調に加工業者に流れた模様も価格差が例年以上に詰まったことから、製品の販売に影響出るかもしれません。

養殖鮮魚

ブリ・ハマチ

放養尾数 3年魚 4〜6kg 20千尾 昨年対比 33%
2年魚 2〜3kg 17,000千尾 昨年対比 101%
9月上旬浜値 3年魚 k850円 / 昨年k750円
2年魚 k800円(3.5k〜)
2年魚 k750円〜(3k前後)/昨年k670円

※上記の浜値は産地〆(野〆)の相場で、先月の浜値は船積みの相場です。船積みの場合、k50円UP程度です。

7月上旬に発生した赤潮の影響により、3年魚・2年魚に大きく被害が発生し、鹿児島・熊本県のブリ・ハマチ・カンパチで約280万尾もの被害があり、金額でも約54億円と報道されました。(上記の放養尾数は不確定?)
特に3年魚の在池は無く、続く2年魚の成長も遅れており今冬に販売開始時の目廻りは昨年より1割小さい魚体になりそうです(10月中旬で4k前後?)。また、例年9月中旬より浜値は徐々に下げてきますが、今年は上記の要因もあり浜値もなかなか下がらない状況になっています。

カンパチ

放養尾数 3年魚 3kg台 300千尾 昨年対比 54%
2年魚 1〜2kg 8,260千尾 昨年対比 78%
9月上旬浜値 3年魚 k1,200円 / 昨年k800円
2年魚 k1,200円(鹿児島の一部より出荷だが目廻りは小さめ)

現状、3年・2年魚の成長が遅れており原魚の確保に四苦八苦している状況が続いています。この状況はお盆前より始まり、浜値は前月に比べk50円高になっています。本来であれば四国地区の出荷は徐々に始まりましたが、相場は緩むことなく、逆にこの状況で高値は続くものと考えられ、冬場に向けても当初の予想より高くなります。築地市場では、9月に入りもう少しの値上げがあります。
※成長遅れの要因
春先からの低水温と最近の高水温により餌食いが悪い。海水温が上昇することにより活動が活発になり、増肉につながっていないことが言えます。

タイ

放養尾数 (三重) 4年魚 2kg up 60千尾 昨年対比 82%
3年魚 1.2〜1.5kg 1,195千尾 昨年対比 59%
(愛媛) 4年魚 2kg up 55千尾 昨年対比 58%
3年魚 1.2〜1.5kg 6,610千尾 昨年対比 64%
9月上旬浜値 3年魚 (三重) k750円 / 昨年k620円
(愛媛) k850円(2kサイズ)
k780円 / 昨年k580円
※  浜値も高値安定で推移しています。特に4年魚(2k台)は愛媛を中心に少なく通常のサイズより高く仕入れされています。荷動きはお盆を含めても悪く、従来であれば相場は緩くなりますが、在池量も少ないこともあり、後1ヶ月近くはこの相場での推移が予想されます。
BACK

このページの先頭へ戻る

Copyright© 2010 Suiken Corporation Limited All rights reserved.